継続の縛りなし!初回限定50%OFFキャンペーン!

初回限定の専用泡立てネット付き♪

キャンペーン特設サイトはこちら

スソガってどんなにおい?種類によって対策方法が異なる

女性は外陰部に張り巡らされたアポクリン腺によって、出た汗と常在菌が混ざりスソガ特有のにおいを発してしまいます。

もちろん変なニオイということはわかっていると思いますが、じゃあ具体的にスソガを表現できるのか?というと結構ばらつきがあるんですよね。体質などにも関係すると思いますが、そのニオイの特徴によって対策方法が異なるので、まずはその種類を知っておくといいと思います。

<h2>スソガのニオイを表わす</h2>

さて、具体的にスソガを表してみたいと思います。
というか、ここら辺は先人がいまして、いろいろな例えがすでにあるわけです。

発酵臭
よく納豆などと表現されることが多いです。後述しますが、チーズのようなニオイを発する場合もあります。

刺激臭
ネギとか玉ねぎのようなツンッと来るにおいです。

酢臭
レモンや酢のような酸っぱいにおいですね。間違えないでください。甘酸っぱいにおいではないですよ(笑)

炭素臭
今までの表現者の中には、鉛筆の芯を嗅いだ時にするニオイと称する人もいるようです。
ここまで複雑な表現になると、何が何やらわからなくなりますが・・・。

いろいろと紹介してきましたが、環境や体質などでにおいは変わってしまうので、統一した表現というのは難しいようです。共通することは臭いということだけですね。(;’∀’)

スソガは当然ワキガと同じようなニオイがします。アポクリン汗腺経由ですから当たり前ですよね。

同じといえども、対策していない場合にどちらが強烈なニオイがするかといえば、やはりスソガになります。

デリケートゾーンですから、こもりがちになりますし、湿度と温度も比較になりません。

また女性であれば生理が原因の経血やおりものが出ますから、それらと混ざってさらにニオイはきつくなるわけです。

例えば発酵臭の匂いは、おそらくおりものと混ざりあって発生するにおいを、そのように表現しているのだと思います。ただでさえ、チーズっぽいですからね・・・。

先ほども書いたように、体質によるところも大きいのですが、実はそれだけではないんですよね。

例えば、毎日ストレスを抱えて過ごしていれば免疫力が低下して、雑菌の繁殖が増えてしまいます。体調を崩しているときには、苦いにおいがするといわれています。

さらに食事でも変わります。動物性のたんぱく質を多く摂取しているのか、それとも植物性なのか。油脂性の食品を大量に食べていないか?

これらは、匂いを濃くする原因となります。

いかに日々対策することが大切かがお分かりになるかと思います。

元来、スソガというのはフェロモンの役割をしているといわれています。その強烈なニオイで異性を魅了するというわけですね。

でも人間同士であればやはり不快なニオイは嫌われる原因になることの方が多いと思います。

もし少しでもにおいが気になるという方は、できることから対策してみるといいのではないでしょうか。

例えば、用を足した後は、ペーパーで軽く抑えるだけにするとか、ボディソープに気を配ってみるなど。思いのほか、できていないことも多いのではないでしょうか。

さて、スソガのニオイについて、書いてきましたが、とてもにおいが強い場合は、別に大きな病気が隠れている可能性があります。

あまりに強烈な場合は、病院やクリニックなどの専門機関で検査してもらうことも視野に入れてください。単純にスソガだけで片付けられない場合もありますからね。

デリケートゾーンの匂いについて、少し気になる方は、まずは日々のケアをしっかりしてみてはいかがでしょうか。

→ 自分でできるスソガの対策方法はこちら

Uncategorized
スソガ(すそわきが)が原因?あそこが臭い人の対策5選!

コメント