スソガの手術は有効な対策方法なの?

スソガがどうやっても治らないという人や、初めてスソガの存在を知った人は、手術という選択肢も出てきますよね。

確かにしっかりと根本的に対策していきたいと思う人ほど、検討されていると思いますが、どうしてもこんな心配にぶつかると思います。

・どのような手術があるの?
・危険はないの?
・費用が結構かかる?

この辺りは気になる部分だと思いますので、少し注目してみたいと思います。

スソガの手術にはどんなものがあるの?

まずスソガに有効だとされている手術にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

・超音波吸引法

おなかの下の方の左右に数mmの切り込みを入れて、そこに超音波メスをいれていきます。熱を発する超音波で、アポクリン汗腺を破壊して、外に吸い出します。左右に穴をあける必要がありますが、とても小さい穴ですみます。

・皮下組織削除法

皮膚を数cm切開して、アポクリン汗腺を切除して取り出します。

この二つの手術がメジャーとなっているようです。これらの対策はとても効果があるとされていますが、反面、リスクやデメリットも出てきますので見ていきましょう。

スソガ手術のリスク

デメリットとしてはいくつか挙げられますが、皮膚に切り込みを入れるわけですから、跡が残ったり、切開部の毛が生えて来なかったりといったことがあります。跡が残ると言ってもとても小さいものですから、その後のケアで十分きれいにはなっていくと思いますが、時間はかかるでしょうね。


これだけであれば、毛が生えてこなくなるということも同じですが、あまり目立たない場所ですし陰部は脱毛すらする人も少なくありませんよね。ですから、それほど気になることはないんじゃないかな?という感覚はありますよ。

ただ実はもっと大きな問題があるんですよね。それは・・・

アポクリン汗腺が取り切れない場合がある

これが一番のリスクだと個人的には思います。

だって、思い切って手術してみたはいいけど取り残しがあれば、結局スソガのにおいに悩まされることになりますからね。

ちなみに超音波吸引法の方が、取り残す可能性が多いようです。理由は傷口が小さいので、確認しにくいということがあるからです。ただ費用に関しては皮下組織削除法より安く済むようですけどね・・・。

話を戻して、やっぱり完治を目指すのに治らないというのは、精神的にきついので、手術を検討する場合には、信頼できるお医者さんを見つけるところから始まりそうですね。

できれば専門医がいるクリニックがおすすめです。最近では、メスを使わない方法なども出てきていますから、どうしてもという場合には、こういった最先端の病院を探すのもいいのではないでしょうか。

それにしても「手術はハードルが高い・・・」というのが率直な感想です。
少しあそこが臭いなって方は、スソガかもしれませんが、まずは日々のケアをしてみてください。手術に頼る前に、自分でできる「スソガ対策5選」を実践してみてはいかがでしょうか。

Uncategorized
スソガ(すそわきが)が原因?あそこが臭い人の対策5選!

コメント